Bottom Filling

前回、Weltingが完了して靴の形がほぼ見て取れます。ハンドメイドの靴作りは沢山手で触りますので汚れないようにビニールカバーをかけてあります。

IMG_3409

次はソールを縫い付け…と言いたいところですが、その間にもう一つ行程があります。それがBottom Filling。

下の写真のように靴をひっくり返すと、ぐるっとベルト状のウェルトが縫い付けられていることがわかります。それが皿の淵のようになって凹ができてしまいます。

IMG_3425

このままソールを縫い付けると中空になってしまうわけで、いくら丈夫なソールでも凹んでしまいます。それを回避すべく凹みにシャンクという背骨の働きをするパーツとコルクを詰めてあげるわけです。

IMG_3465

上の写真の下半分がシャンクです。通常はスチールやウッド製、最近ではファイバーのものもあるようですが、Field Bootsでは伝統的な革を採用しています。革といっても厚く固い革を使いピッタリと隙間無く凹部にはまるようにナイフで加工しています。はめ込む前にハンマーでガンガン叩いて繊維をしめておきます。
革シャンクの利点は歩行時の「しなやかさ」にあります。固い革とはいってもスチールなどに比べ必要に応じて湾曲しますので歩行時に柔らかさを感じることができるわけです。長時間歩行を想定しているフィールドブーツですのでここは手間がかかっても革が最適だろうと採用した次第です。

さて、続きましては底面の上部をご覧下さい。

IMG_3468

コルクで御座います。コルクは弾力性があり加工しやすいので靴の中によく充填されています。さらには通気もよいのです。コルクを詰めてからヤスリで削って木型底面のなだらかなカーブを再現します。難しいのは両足同じ緩い曲面になるよう目で見比べながら作業し、片足の形状を記憶してそれをもう片足の形にするという感覚頼りの作業となるところです。カーブがきついとソールの中央だけが著しく減ってしまいます。逆に緩すぎるとソールステッチが摩耗しやすくなるので自然なカーブになるように加工します。一通り加工したら両足をいろいろな角度で眺めてカーブが同じになっているかチェックします。

Bottom Fillingは地味な作業ですが、靴のクッション性や履き心地、摩耗の程度に関係する大切な行程です。見えない部分こそ丁寧に。これは修行の際に師匠から教わった靴作りの大切な考え方です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中